• 倉田 美幸

わたしがよく使う英文フォントその6。Didot | ディド【フォント】

最終更新: 7月23日


今日は朝から

オンラインでの

勉強会が続きました


新しいことを学ぶのは

ワクワクしますね^^

そのことについては

また改めて書こうと思います


オリジナル絵本作家

グラフィック・ウェブデザイナー

倉田美幸です



オリジナル絵本については

こちらをご覧ください^^




さて

久しぶりの

フォントの話


以前の記事
その1:MrsEaves | ミセス・イーヴス
その2:Copperplate | カッパープレート
その3:Garamond | ガラモン(ギャラモン)
その4:Trajan | トレイジャン 
その5Futura | フーツラ





Didot | ディド



モダン・ローマン体

の中で有名なのが

こちらのフォントです


“ディド”って読むのか・・・

ディドットだと思っていた・・・

↑フォントあるある笑笑



そして結局また

セリフがついたフォントに

戻ってきました笑


やっぱきれいめなフォントが

好きなようです


知ってたけどね笑笑






作った人。


フランスの

フェルミン・ディド(1764-1836)

によって作られた

フォントです


軸が直線的に構成されるという

特徴がある新しい活字書体

生み出した人


あんまり情報が

出てこなかった苦笑



真っすぐな太いラインと

極細のセリフ

とてもモダンで

お洒落ですよね






文字の特徴。



セリフのラインが細いため

小さい文字の文章には

あまりお勧めはできません


形に特徴があるため

タイトルやロゴに適した

フォントといえますね


後述でも触れますが

ファッション紙のロゴに

よく使われています




個人的には大文字だと

Qの尻尾の部分が特徴的で

ロゴとしても使いやすいなと

感じます


小文字だったら

iとjが

かわいい!!!




ただでさえ

セリフが細いラインなのに


線幅を入れて

あえてセリフをなくした

ロゴのデザインなどを

過去に提案したことがあります




使われているところ。


きましたこのコーナー笑


先ほどから何度も出てきていますが

女性的で洗練された

雰囲気のフォントなので

ファッション紙のロゴに

よく使われています


必ず一番に出てくる

ファッション紙のタイトル




VOGUE | ヴォーグ


超有名雑誌ですね

フォント名を知らなくても

見たらきっと


“vogueのフォントだ!”


とわかるはず笑


若干加工されているので

全く同じではないのですが

元になったのは

間違いないでしょう




他にも・・・




Harper’s Bazaar | ハーパスバザー

など

雑誌コーナーには

必ず置いてある

ファッション紙には

ほぼ使われている!笑




ZARA | ザラ


少し前に

ロゴのリニューアルをした

スペインのファストファッションブランド

ZARA | ザラ


ザラのは過去に一度

ロゴを変更しています


元々のロゴは

よりモダンな感じでしたが



Didotを使うことによって

クラシック感が増した印象です


ちょっと大人っぽく

洗練されたイメージかな〜




やっぱり

ファッション繋がり

ではありますね!







まとめ。


似たフォントで

Bodoni | ボド二という

セリフが少し

太めのフォントがありますが


こちらは次回改めて

書こうと思います




どちらもファッション系や

デザイン系のロゴだったり

タイトルに使われることが多い

デザイン性の高いフォントです



タイトルに入れるだけで

お洒落に見えるし


メリハリが付けやすい

使いやすいフォントだと

思います♪




今日も最後までお読みくださり

ありがとうございました^^





“Life is Design”

シンプルだけどあたたかく

あなたの想いをカタチに描き起こす

オリジナル絵本作家

グラフィックデザイナー

倉田 美幸


お問い合せ…contact

Instagram…@miyuki32.art

YouTube…thinkforme[シンクフォルム]倉田美幸

#font #フォント #didot #ディド #シリーズ006 #毎日ブログ #0346