お問い合わせ

広島市

  • Facebook
  • Instagram

©2016 - 2019  thinkforme.

  • 倉田 美幸

覚えておきたいよく使う紙質3種とわたしの好きな紙。

最終更新: 2月6日


以前から何度か

わたしが紙モノ好きなことを

記事にしていますが


参考記事:現場に足を運ぶこと。@LOFT ロフト でカタログ収集

参考記事:レトロ印刷のこと。


紙モノには本当に目がなくて


ついつい街中で

フリーペーパーだったり

チラシだったりを見つけては

未だに自宅へ持ち帰ります


グラフィックデザイナーであれば

どなたもいつかのタイミングで

カタログやフライヤー収集を

したことがあるのでは

ないでしょうか


と勝手に思っている笑←


オリジナル絵本作家

デザイナー

倉田美幸です



オリジナル絵本については

こちらをご覧ください^^






そんな

グラフィックデザイナーである

わたしがいつも選ぶ紙質について

少しまとめてみようと思います






よく使われている紙質3種


コート紙

コート紙はその名の通り

表面に塗料を塗布しており

ツルツルとした手触りです


光沢があり印刷用紙として

優れているため

インクの発色が美しいのも特徴


新聞の間に入っているチラシなど

よくこの紙が使われています




マットコート紙

マットコート紙は

コート紙よりも

光沢が少ない紙


とはいえマットコート紙にも

表面に塗料を塗布しているため

触った感じは滑らかで

サラサラしているイメージです


同じく発色が良いのでこちらも

チラシなどによく使われます




上質紙

その名の通り“上質”な紙←


コピー用紙なんかは

だいたいこの紙にあたります


触った感じはマットコートよりも

ざらっとした感じ


インクが紙に染み込むので

印刷すると画面上で見た

印象より暗くなるイメージです

※色が“沈む”という表現を使います




このあたりの紙は

リーズナブルでもあるため

よく使われるのですが


種類としては

“標準紙”

といったところでしょうか




デザインイメージや

お客様の好みにもよりますが

わたしはこの中だとよく

上質紙

を選びます


印刷した時に色が沈むのですが

それが柔らかい印象になるのが

好きなんです


もちろんパキっとした

印象の方が好まれる場合は

コート紙やマットコート紙を

チョイスします






わたしがよく使う紙質


上記にご紹介した紙質以外に

割と高めの頻度で使う

紙があります


ヴァンヌーボー

よく名刺に使っている

こちらの紙質


過去に作ってきたもの

結構この紙使ってます



手触りが良く(画用紙のようなイメージ)

ざらっとしているのですが

発色が美しい紙です


上質紙と比べると

一目瞭然で!!!


上質紙だと白茶けて見えるけど

ヴァンヌーボーでは

しっかりと色が乗るのが特徴↓↓↓


上:ヴァンヌーボー / 下:上質紙

わかりますかね!?


上の方がちょっぴり

光沢があるの


上:ヴァンヌーボー / 下:上質紙

↑よりわかりやすく

 光を当ててみました


ざらっとした手触りなのに

沈んだ感がなく

発色が良いんです!!!


この紙が好き♡笑笑





ただこの紙

ちょっぴり高価なのが

難点でして・・・^^;


種類としては

“最高級紙”

というレベル




これぐらい比較すればね

わかる程度なんですよ


こだわらなければ

上質紙でも

何の問題もありません




だけど




そこにこだわりたい!!!笑笑




手に取るものだからこそ

できるだけ質感が良いもの

を選びたいのです




まとめ


良く使われる紙質は

もちろん良いものですし

わたし自身も良く使っています


好きだけど

ヴァンヌーボーが全てとは

全く思っていませんし


本当は手触りの良い紙を使いたくても

様々なことを考慮しなければ

ならない場合もあります


そして他にも紙の種類は

数え切れないほどあるので

その時々によっていろんな紙を

使い分けています




自分が良いと思っていたとしても

お客様の好みもありますし


最終的にはお客様に納得して

気に入ってもらえるものを

チョイスしていくことが

ベストかなと思っています




そしてデータで見るのと

実際に手に取った時とでは

印象が全く異なりますし


紙質によっても見え方が

全然違うので


紙質までしっかりと

ご提案させていただき


納得のいくものを

納品させていただくのが

わたしの仕事です




とはいえ実際に印刷してみないと

本当の色味というのは

わからないのですが


本印刷の前に色味を

チェックするということも

可能なので


その方法はまた

次回の記事にまとめます^^ 追加記事:実際の紙に印刷してみないと本当の色味はわからない!!本紙校正・本機校正・簡易校正の違いについてまとめてみた。




本日も最後までお読みくださり

ありがとうございました



“Life is Design”

シンプルだけどあたたかく

あなたの想いをカタチに描き起こす

オリジナル絵本作家

グラフィックデザイナー

倉田 美幸


お問い合わせはコチラから^^

Instagram https://www.instagram.com/miyuki32.art/


#紙質 #おすすめ #ヴァンヌーボー #0188