• 倉田 美幸

チョークアート講習@ホテル宮島別荘


今日は朝から

頭痛に見舞われており


やっと回復してきたので

記事を書いています^^;


冬は気温のせいなのか

頻度が高くなるなー


オリジナル絵本作家

デザイナー

倉田美幸です


オリジナル絵本については

こちらをご覧ください^^






チョークアート講習


もう2年ほど前の話になりますが

ホテル宮島別荘のオープン前に

チョークアート講習を

させていただいたことがありました


実はこの機会があったので

のちに葉山珈琲さんの

黒板アートをさせていただく

ことにもなったのです^^


その時の記事はコチラ

カフェの黒板アート♪@葉山珈琲様





ホテル宮島別荘さんは

桟橋を出てすぐ左手にある

和モダンなホテルです


画像はお借りしました

お風呂が畳なんですよ!! すごい眺めがよい〜〜〜!




待合のロビーや入口のパン屋さんも

モダンで木のぬくもりを感じる

素敵なホテルです


2017年の9月のグランドオープン前に

こちらのパン屋さんやバーの

チョークアートを指導していただきたい

というご依頼で伺わせていただきました






チョークアートに必要なもの


・黒板

・チョーク

・黒板消し

・ダスター(濡れ雑巾)

・ダンボールや新聞紙

 (粉が下に落ちるので汚れるのを防ぐため)

・紙と書くもの(下書き用)


こちらを用意していただいたら

誰でもすぐに描き始められます^^




ただし


いきなり黒板に描き始める


というのはNGで




まずは下書きから


どんな内容を入れるか??

何を一番目立たせたいか?


というところをしっかりと

事前にイメージした上で

黒板に描いていくようにすると


スムーズに進みます




これってデザインも一緒で


まずは構成を考えてから

パソコンに向かいます


下書きの時間=構想を練る時間

が一番大切なのです




シーズニング

新しい黒板は表面がツルツルしています

そこにいきなり描き始めてしまうと

描いた線がくっきりと残ってしまい


後々に修正しようと思っても

うっすら跡が残ってしまうんです


シーズニング風景

なので一番最初に

シーズニングをします


シーズニングとは

チョークの腹で黒板全体に

チョークをこすりつけること


こうすることで黒板に

チョークの跡が残ることを防げます


黒板消しで拭き取り

水拭きしたら下準備はOK




基本的な書き方の説明をした後は

それぞれグループに分かれて

実際に黒板に描く練習を

していただきました





描く時のコツやぼかしのポイントなども

最後に少しお伝えしながら






ちょっと先生ぽい!?笑笑




みなさん本当に真剣に

取り組んでくださって

楽しい講習会になりました^^




その後完成したボードを

お送りいただいたのですが


それぞれ工夫されていて

楽しんで描いてくださってるのかなー

という様子が伝わってくる気がします





これとか!ぼかしが多用されていて嬉しかった笑笑

チョークアートは難しいと

思われがちなのですが


ちょっとしたコツと手順がわかると

色々工夫ができるので

面白いコンテンツだと思います^^




ご相談はこちらまで^^




本日も最後までお読みくださり

ありがとうございました


“Life is Design”

シンプルだけどあたたかく

あなたの想いをカタチに描き起こす

オリジナル絵本作家

グラフィックデザイナー

倉田 美幸


お問い合わせはコチラから^^

Instagram https://www.instagram.com/miyuki32.art/


#チョークアート #黒板アート #講習 #毎日ブログ #0166